刀 689 肥前國住近江大掾藤原忠廣
- Hizennokuni ju Omidaijo Fujiwara Tadahiro -

 刃長 二尺四寸五分四厘 / 74.35 cm  反り 六分三厘/ 1.92 cm
元幅 30.6 mm 元重 7.6 mm
先幅 物打24.2 mm  横手位置20.9 mm 先重 物打5.9 mm  松葉先5.1 mm
目釘穴

1個

時代 江戸前期
The early peiod of Edo era
鑑定書 登録 昭和43年12月17日 愛知県登録
附属 ・素銅地金鍍金はばき
・白鞘/継木
・海軍長剣拵
価格 800,000 円(税別)



小板目肌が良く練れて詰み、刃縁に添って淡く映り立つ地鉄に直刃調の刃を焼き、湾れ交え、足・葉入る。
附属の海軍長剣拵は保存状態抜群で未使用に近く、鞘は藍鮫巻きの研ぎ出しで、金具は今尚山吹色に輝いており、大日本帝国海軍の威光を今に伝える旧軍資料として非常に価値が高い逸品です。
※うぶ買い付け刀につき未鑑定ですが、忠廣銘に関しましては首肯致しかねます。

裸身重量831グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,336グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。