刀 684 無銘(玉心斎正蔭)
- Mumei(Gyokushinsai Masakage) -

 刃長  二尺三寸三分八厘 / 70.85 cm  反り  六分 / 1.83 cm
元幅 30.0 mm 元重 7.5 mm
先幅 物打23.8 mm  横手位置21.2 mm 先重 物打5.6 mm  松葉先4.4 mm
目釘穴

1個

時代 江戸末期慶應二年(1866)
The last years of Edo era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 昭和45年8月6日 東京都登録
附属 ・素銅はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵
価格 600,000 円(税別)



正蔭は名を五島鯉介と言い、越中国富山に生まれ玉心斎と号し、はじめ鈴木正雄の門人となり、後に水心子正次の下で作刀を学びました。越後国高田に住し、山浦一門らしい互の目乱れを得意する刀工です。

この刀はフクラ枯れごころの鋭い造り込みで、小板目肌柾流れの地鉄に映りが立ち、匂口明るく冴えた焼刃を逆互ノ目で焼き上げ、刃中よく足が入り、地鉄に絡んで砂流が随所に見られ、互ノ目を分断するかの如き沸の強い太い金筋や、互ノ目に噛み合わんばかりの湯走を伴うなど、山浦一門らしい覇気溢れんばかりの出来口を誇っており、附属する拵は源平合戦図の金具で統一された気品ある上拵で、本刀の価値を更に高めています。
恐らくは在銘であったと思われますが、山浦一門というだけあって、清麿等に化かさんとして悔しいかな無銘にされたものと推測され、現状は斑状に一部薄錆が見られますが、特筆すべき疵欠点は無く、然るべき研磨を施し後世に伝え残して頂きたい逸品です。
刀剣愛好家垂涎の山浦清麿一門の上拵入り覇気に満ちた上作を、是非この機会にお求め下さい。

裸身重量695グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,000グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。