刀 663 無銘(法華)
- Mumei (Hokke) -

刃長 二尺二寸一厘 / 66.7 cm 反り 七分六厘 / 2.3 cm
元幅 31.8 mm 元重 6.2 mm
先幅 物打22.7 mm  横手位置19.9 mm 先重 物打4.8 mm  松葉先3.7 mm
目釘穴

2個

時代 南北朝後期(1380〜)
The latter period of Nanbokuchou era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 昭和43年9月19日 東京都登録
附属 ・下貝素銅地金鍍金上貝金着二重はばき
・白鞘
価格 350,000 円(税別)



鎌備後国法華とは、三原派とは別系の備後国葦田郡の国分寺跡に於いて鍛刀した一派を指し、その祖を助国と伝え、日蓮宗の信者に支持されていたとも云われています。 現在の鑑定基準として、法華極めの無銘物は、南北朝〜室町初期にかけての作とされています。

この刀は総体に淡く映りが立ち、匂口沈みごころの直刃調小乱れを焼いた作品。鎬に彫られた二本樋の棟側チリが幅広く、これもまた本刀の特徴の一つと言えるでしょう。
600有余年の長き月日を生きてきた本刀を手に、遥かなる歴史浪漫をお楽しみ下さい。

裸身重量555グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。