刀 662 長光
- Nagamitsu -

刃長 二尺三寸八分三厘 / 72.2 cm 反り 五分六厘 / 1.7 cm
元幅 28.3 mm 元重 5.8 mm
先幅 物打20.8 mm  横手位置17.2 mm 先重 物打4.6 mm  松葉先3.2 mm
目釘穴

1個

時代 室町後期
The latter period of Muromachi era
鑑定書 登録 平成12年9月20日 埼玉県登録
附属 ・白鞘 価格 10月31日までは消費前当店負担
198,000 円(税別)



長光と言えば備前の長光がまず思い出されますが、同銘工は大和國をはじめ、他の諸国にも確認されております。本刀は『長』の字を独特の書体で銘切っており、俗に言うところの別人長光(備前長光とは異なるという意味)正真と鑑せられる一刀です。
平地、鎬地共に、肌が荒れた感じの部分が見られますが、掲載しております写真は、撮影時の照明の加減により、いささか肉眼で見るよりも、肌の荒れが目立って見えるもので、実際に手にとってご覧頂きますと、写真程いやらしさを感じません。
また、手持ちバランスが良く、刀身自体軽目ですので、居合の稽古には頗る使い易く、必ずや御満足頂けるものと自負致しております。
※木はばき

裸身重量555グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。