刀 653 無銘
- Mumei -

刃長 二尺二厘 / 60.65 cm 反り 五分九厘 / 1.83 cm
元幅 28.6 mm 元重 6.8 mm
先幅 20.8 mm  横手位置16.6 mm 先重 4.8 mm  松葉先3.4 mm
目釘穴 2個 時代 室町中期
The middle period of Muromachi
鑑定書 登録 東京都登録
附属 ・素銅地下貝赤銅着上貝金鍍金二重はばき
・白鞘/継木
・朱塗鞘打刀拵
価格 198,000 円(税別)



純然たる杢目鍛えに直刃を焼いた室町中期頃の片手打の古刀で、中心の形状などからも末備前辺りではないかと鑑られます。指裏元の方の棟角に刀疵が在り、実際に戦いを生き抜いた一刀です。
附属の朱塗鞘打刀拵は、突兵拵を思わせる大振りの鐺金具がついた丸型で、鞘の途中には胴金が付き、栗形と鯉口も宣徳(真鍮)にて一作で造られた、実戦想定の強固なる拵で、鐔も切羽も拵製作当時からのオリジナルで貴重。保存刀装審査を是非御受審頂きたく思います。

お求め易い低価格にて御案内致しますので、この機会にコレクションにお加え下さい。

裸身重量525グラム。  拵に納めて鞘を払った重量748グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。