刀 649 無銘(平高田)
- Mumei(Taira Takada) -

刃長 二尺二寸三分二厘 / 67.64 cm 反り 三分七厘 / 1.11 cm
元幅 29.0 mm 元重 7.2 mm
先幅 物打22.6 mm  横手位置19.0 mm 先重 物打5.6 mm  松葉先4.2 mm
目釘穴

2個

時代 室町後期
The latter period of Muromachi era
鑑定書 保存刀剣鑑定書757 登録 昭和46年1月27日 愛知県登録
附属 ・木はばき(白鞘一体型)
・白鞘
価格 270,000 円(税別)



豊州高田派は、豊後国高田地区(現大分市鶴崎近辺)で栄えた刀工一派で、古刀期の作に平姓を銘切るものが多いことから、それらを平高田と称し、新刀期以降は藤原姓を銘切るようになったことから、藤原高田と汎称します。古来より実用刀としての評価が高い一派で、武用刀として数多の武将に愛用されました。

この刀は日本美術刀剣保存協会に於いて平長盛と極められた一刀で、特筆すべき鍛錬疵は無く、大磨上ながらも元先の差が開いた上品な姿で、匂口は深く、小乱れとなり、物打より先は皆焼となった覇気ある作品です。

裸身重量757グラム。  ※本刀は委託品です。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。