刀 527 予州松山住小田宗吉作 嘉永七寅年卯月日
- Yoshu Matsuyama ju Oda Muneyoshi saku -

刃長 二尺三寸七厘 / 69.9 cm 反り 五分四厘 / 1.65 cm
元幅 30.4 mm 元重 7.3 mm
先幅 22.6 mm 先重 5.0 mm
目釘穴 1個 時代 江戸後期(嘉永七年/安政元年)
Production age 『AD1854』
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 平成23年6月21日 東京都登録
附属 ・素銅はばき
・白鞘
価格 \ 800,000(税別) 



宗吉は、慶應から明治初年にかけて鎚を振るった伊予国松山の刀工ですが、廃刀令など時代の流れの影響もあり、現存する作品は極めて少ないです。

この刀は小板目肌よく練れて詰み、少しく肌立って、匂口明るい直刃に互ノ目足を交え、色黒い金筋を焼いています。帽子が延び、程好く反りが付いた姿は鋭さの中にも優美さを感じさせます。
嘉永七年十一月二十七日、元号は安政に変わり、安政七年紀が切られたこの刀は大変貴重なる一刀です。
上研磨を施し白鞘を新調しております。研ぎあがったばかりの清々しい一刀をお楽しみ下さい。

裸身重量700グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。