刀 195

藤原義國造
Fujiwara Yoshikuni
二尺四寸八分五厘/75.3cm 三分三厘/1.0cm
33.6 mm 7.9 mm
24.2 mm 5.0 mm
1個 江戸後期
The latter period of Edo era
保存刀剣鑑定書
NBTHK Hozon Touken
平成19年4月23日石川県登録
白鞘  銅はばき \ 980,000 


細かな縮緬肌状に杢目肌良く練れて詰み、刃縁柾がかって精美。

小沸本位の互ノ目乱れ。刃縁よく沸付き、細かな砂流・金筋随所に現れ、一見大人しそうに見えるも賑やかで、足よく入る。

表裏共に乱れ込み、先よく掃き掛けて丸く返る。

無疵無欠点。長寸且つ豪壮な姿態が魅力です。